読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

いよいよ出発! 怒涛の神奈川編

f:id:trailtravel:20170107145154j:plain

(写真:神奈川県「峰の薬師へのみち」から津久井湖を望む)

 

こんにちは、りゅうぞうです。

前回は、一周をどんなルールで行うかについて書きました。

 

⬇︎一周のマイルールはこちら

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

 

こうやってブログで書いていると、さも周到に準備して出発したかのように見えるかもしれませんが、実際は結構、「思い立ったが吉日」っぽいスタートでした。

2014年の12月24日に出発したのですが、よく考えたらクリスマス・イブですね。こんなところにもあまり深く考えていなかった様子が・・・

丹沢の東を抜けて海を目指す

今回予定するルートはこんな感じです。

青線が今回のルート。あたりまえだけど、まだまだ遠いなあ。

f:id:trailtravel:20170107224645j:plain

ルートの細部を説明しますね。

f:id:trailtravel:20170107144609j:plain

まず、京王高尾山口駅を降りて、神奈川県境の三沢峠をこえ、津久井湖に下ります。これが「峰の薬師へのみち」(①の地図のルート)です。

次に、宮ヶ瀬湖のほうに向かう丘陵地帯を抜けていきます。ここは「山里から津久井湖へのみち」(②の地図のルート)。

f:id:trailtravel:20170107144911j:plain

ここからルートが2つに分かれます。ひとつは東側の「北条武田合戦のみち」もうひとつは西側の「丹沢山塊東辺のみち」。迷うところですが、より山道が多そうな西側を選びます(③の地図のルート)。おそらく、このルートを終わったぐらいで暗くなると予想したので、この付近のキャンプ場でビバークすることを予定しました。

これで、コース以外の連接区間も含めて31~32kmくらい。

2日目は、「丹沢山塊東辺のみち」と連接していないので、少し一般道を進んだのち、「巡礼峠のみち」へ。その次はまたもやルートが2つに分かれていますが、やはり山側を選んで「大山参り蓑毛のみち」に行くことにしました(④の地図ルート)。

なんだ2日目は20km強ぐらいしかないぞ。

とすると、一気に平塚を抜けて海まで行けるんじゃないかと思いますが、いちおう「大山参り蓑毛のみち」の終点である蓑毛バス停を目標に、できれば海を目指すということにしておきました。

海まで行けば2日間で90kmぐらい。机の上で計算してると、なんだか簡単に行けそうに思えてくるから怖い。

ひょっとしたら、神奈川って4日ぐらいで終わっちゃうんじゃないか? そうするとちょっと物足りないぞ・・・なんで全く不要な心配まで始める始末。

しかしよくよく地図を見てみると、どうも関東ふれあいの道は時計回りに回るのが前提でコースが作られているらしい。ぼくの回りかたとは逆だな。またまたの無計画ぶりが・・・(以下略)

ちなみに、この地図は神奈川県のホームページに載っている地図に手を加えたものです。なかなか情報満載で、コース内の距離や、見どころ、交通機関の情報やルート上の注意事項まで書いてあります。

さらに、各ルートの詳細な案内までホームページに掲載されています。

これです。

f:id:trailtravel:20170107155944j:plain

拡大してみます。

こんなことが書いてあります。まるでガイドブック! すごいぞ神奈川県!

f:id:trailtravel:20170107155842j:plain

京王高尾山口駅を9時に出発

ということで、今夜来るはずのサンタに気をとられている娘たちを後にして、家を出発。京王高尾山口を9時にスタートしました。実は寝坊したので、計画よりすでに1時間ほど遅れてます・・・ハイ。

「ここに帰ってくるのは、いつになるかな」

などと、しばし感慨にふけったりします。

しかし、コースの入り口は2kmぐらい先。国道20号線をぼちぼち走ります。それにしても寒い。ふれあいの道に入る前に、めげそうです。

f:id:trailtravel:20170107220917j:plain

しばらくすると、「峰の薬師へのみち」の入り口発見!

なんだかえらく殺風景なところに標識が立ってるけど、ここだよね。

ちょっと不安を感じながらも進んでいくと、すぐに山の中に入って自然歩道らしくなってきました。

f:id:trailtravel:20170107221010j:plain

ここがちょうど東京と神奈川の県境の三沢峠です。

道幅の広いふかふかのトレイルで、気持ちいいです。登り基調だけど、緩やかなので、走っていて楽しい。日差しも出てきたし、いい感じです。

これだけ道標がしっかり立っていたら、山になれていない人でも安心ですよね。

f:id:trailtravel:20170107221730j:plain

三沢峠からは緩やかな下りです。津久井湖を一望できるあたりまでくると、峰の薬師に到着。1492年に創建された古いお寺で、高尾山の薬王院とならび武蔵・相模の4大薬師の一つらしいです。

旅の安全を祈願してお参り、そして少し休憩します。

あとは津久井湖に向かって下れば、一つ目のコースは終了です。

なんだか順調だなー、なんて思ってましたね、この時点では。

 

次回は、この続きを書きますね。

⬇︎続きはこちら 

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

 

ではでは。

(=´∀`)ノ