ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

湘南海岸から鎌倉へ 浜辺をゆく

f:id:trailtravel:20170118082545j:plain

(写真:「湘南海岸・砂浜のみち」と富士山)

こんにちは、りゅうぞうです。

前回は、大山を抜け、大磯の海に出ました。山に海と、変化に富む神奈川県の魅力を体感したところです。

前回の旅はこちら⤵

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

 

今回は、湘南海岸の砂浜を東に走り、鎌倉までの旅です。

f:id:trailtravel:20170118115437j:plain

赤がこれまでに走ったルート。青が今回のルートです。

もしかして、神奈川はあと半分ぐらい? 

f:id:trailtravel:20170118120129j:plain

今回のルートは、全て海沿いです。

距離はコースまでの移動を含めて18kmくらい。日帰りです。

映画や、歌などでいろいろ有名なところですね。実は鎌倉と江の島ぐらいしか行ったことがないので、かなりワクワクしてます。

時間の余裕もあるし、鎌倉で観光できるかも。

シラス丼も食べたい・・・

ということで、2015年の2月1日に出発しました。

砂浜を走って江の島へ

 

f:id:trailtravel:20170118145743j:plain

JR茅ヶ崎駅からバスに乗り、浜見平団地バス停で降ります。ここからスタート地点まで1km弱ほどあります。

海が近づいてくると、防風林が見えてきます。

防風林の間の坂を登っていくと、目の前にキラキラと輝く海が現れてきました。

まるで映画のようです。

もう、これだけで、今日は何かいいことあるような気がします。

( * ´ ω`* ) わくわく

f:id:trailtravel:20170118150826j:plain

スタート地点の柳島海岸です。

11時30分に出発しました。

まるで太平洋を覗きこむかのように、富士山が身を乗り出しているようです。

波は白く砕けて、富士山の雪の白さと競っているようにも見えました。

絵にかいたような風景ですよね。

この日は快晴で、2月にしては日差しも強く、海辺をゆくには最高の天気でした。

コースは正確には浜辺ではなく、その脇のサイクリング・ロードらしいのですが、この開放感がたまらなくて波打ち際を走ります。

浜には、ほとんど人もいません。

濡れた砂は、適度に締まって、走りやすいです。

時々大波がやってくると、さわやかな音を立てて、海水が足元までやってきます。

それをよけながら進むのが楽しい!

f:id:trailtravel:20170118152504j:plain

江の島が近づいてきました。

波の音が耳に心地よいです。

いままで、砂浜を走るってスポ根のイメージしかなかったけど、こんなに楽しく走れるなんて新たな発見です。

シラス丼と、まだ見ぬ名所めぐり

 

f:id:trailtravel:20170118170733j:plain

江の島には12時40分に到着しました。

お昼ご飯にします。

もちろんシラス丼にしました。実は初めて食べるんですよね。

生と茹でのハーフ&ハーフです。

Σ (* ´Д`) うまい!

特に、生シラスがうまかったです。家でも食べたいなあ。近所のスーパーでは生シラスって売ってないのかな。

f:id:trailtravel:20170118171416j:plain

シラス丼がうまかったので、幸せ気分で店を出ます。

冬だけど、南国の雰囲気ですね。

ここからゴールの鎌倉由比が浜までは6kmぐらいです。

f:id:trailtravel:20170118210849j:plain

 江の島からは、しばらく歩道を進みます。

この景色、見たことあるなあ。映画で見たのかな。

始めて訪れた場所ですが、記憶があるって不思議な感じです。

f:id:trailtravel:20170118211807j:plain

稲村ヶ崎につきました。

振り返ると富士山と江の島です。きれいだなあ。

ここも、よく名前は知っていたけど、来たのは初めてです。

もちろん、稲村ケ崎の名前は、あの映画と歌で知ったんですよ。もう二十年以上前かな。 まさか、関東一周の途中で訪れるなんて、夢にも思わなかった。

f:id:trailtravel:20170118212945j:plain

いよいよ、今回の短い旅も終わりです。

由比ヶ浜の滑川河口まで到着しました。

f:id:trailtravel:20170118214202j:plain

海が燃えるように輝いています。

そのまばゆい光の中で、子どもたちや、恋人たちや、老人が、歩いたりはしゃいだりしていました。

それは、どこにでもあるような見慣れた光景でしたが、とても心惹かれる光景でもありました。

たぶん、旅で見る光景のほとんどは、このように見慣れた、どこにでもあるようなものです。しかし、旅の道中で見る光景は、そのほとんどが行き過ぎて、もう二度と見ることがありません。

だからこそ、全ての光景が美しく感じるし、全ての瞬間が深く記憶に残るのかもしれません。

ぼくは、しばらくこの光る海を見ていました。

海の向こうには、次の道が続いている三浦半島が黒々と姿を見せていました。

 

ではまた。

(= ´ ω ` )ノ 

 

次回の旅はこちら⤵

trailtravel8hureai.hatenablog.jp