読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

ふたたび海へ 理想郷をたずねて①

驚愕の千葉編

f:id:trailtravel:20170218095232j:plain

(「理想郷を訪ねるみち」鵜原理想郷からの夕暮れ)

こんにちは、りゅうぞうです。

前回は、房総の山を横断して、太平洋まで出るつもりだったんですが、途中の清澄寺で暑さにやられてダウン。

千葉の山の秘境っぷりがまた、すごかったです。

⇩前回の旅はこちら。 

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

 というわけで、遠路はるばる電車とバスを乗り継いで、前回終了地点の清澄寺からスタートです。

自宅を出たのが5時半ぐらい、到着したのが9時29分。

ほぼ4時間かかりましたよ、ハイ。

f:id:trailtravel:20170218101418j:plain

今回のルートはこれです。

清澄山を東に太平洋に下り、そこから海岸沿いに勝浦を経て九十九里浜の南端まで。

途中ビバークを入れて2日間の旅です。

f:id:trailtravel:20170218103519j:plain

これが1日目のルートです。

清澄寺から内浦山県民の森まで「アジサイのみち」、そこからおせんころがしまでの「海と森をつなぐみち」を通り、そこから電車移動して「理想郷をたずねるみち」で終了。

2日目のルートは、また改めて詳しく紹介しますね。

今回は、山あり海ありのダイナミックなコースです。

なかでも楽しみにしているのが鵜原理想郷」!

理想郷っていうぐらいだから、天国みたいなところに違いない!

( * ´Д`) ハアハア・・・

もう心が騒ぎます! いや、よこしまな気持ちはありませんよ。

で、出発したんですが、前回の旅が8月22~23日だったのに、今回の旅はなんと、4カ月後の平成27年12月22~23日となりました

もう年の瀬です。

熱中症の記事を書いた次が、もう冬になってるって、なんだか強引なストーリー展開のようで、とても気が引けます。

来年はもっと頑張って旅しようと誓うのでした。

一気に海へ! 秘境をあとに

f:id:trailtravel:20170218110826j:plain

さて、新幹線なら大阪まで余裕で行ける時間をかけて、ようやく到着しましたJR安房小湊駅。なんだか公民館のような雰囲気です。

f:id:trailtravel:20170218111046j:plain

 ここから、バスに乗って清澄寺まで。

バスといっても、ワンボックスカーです。

運転手さんに「九十九里まで行くんです」って言ったら、「うへぇ!」と反応が返ってきました。

f:id:trailtravel:20170218112740j:plain

20分ほどで清澄寺バス停に到着です。

ここは知る人ぞ知る、極真空手発祥の地らしい。なんでも、大山倍達がここで一年半にわたり山籠もり修行をしたそうです。

f:id:trailtravel:20170218113328j:plain

清澄寺はなかなか立派なお寺です。

1200年ぐらい前に「不思議法師」という素性不明のお坊さんがやってきて、開山したそうです。またここは、日蓮上人が日蓮宗を開いたお寺でもあります。

もともとは、もっと山奥の元清澄山(前回アップダウンがきつくてバテたあたり)にお寺があったそうです。たしかに不思議法師が現れそうな秘境でしたね。

ちょっと境内に入って、お参りして、スタートします。

f:id:trailtravel:20170218114508j:plain

前回の秘境ムードとは異なり、明るく開けたトレイルです。

林道なので、人の気配もあります。

下り基調ということもあり、快調に走って行きます。

f:id:trailtravel:20170218114717j:plain

海が見えてきました。

神奈川編でもこういう景色を見ましたが、山の間から輝く海が見えると、心が躍りますね。ぼくの大好きな景色の一つです。

f:id:trailtravel:20170218115246j:plain

 そうこうするうちに、「アジサイのみち」の終点の内浦山県民の森に到着です。

8km弱を1時間ほどで進んだので、だいぶ時間の余裕もできました。前回の熱中症ふらふら状態とは全く違う快調ぶりです。

まあ、もう冬になりましたからね・・・

ここから先は、しっかりした舗装道を下って、先ほどの安房小湊の町まで一気に下り降ります。

秘境とも、いよいよお別れです。

終わりとなると、やっぱりちょっと寂しい。

f:id:trailtravel:20170218120249j:plain

4kmほど続く、ながーい下りを進むと、ようやく海のほとりに出ました。

始まります 海の千葉

さて、ここからは海沿いにJR行川アイランド駅まで進み、そこから電車で鵜原理想郷へ向かいます。

f:id:trailtravel:20170218135416j:plain

まずは、安房小湊の内浦湾沿いに走ります。ここの内浦海岸は神奈川編を思い出させる砂浜です。

⇩砂浜を走る神奈川の旅はこちら

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

 やっぱり、海はいつ来ても開放感がありますね。

f:id:trailtravel:20170218140856j:plain

今回の旅で、印象に残った光景がこれです。

砂浜を走っていると、波打ち際でキャーキャーとはしゃいでいる女性4人を見かけました。よく見ると、だいぶ年配のご婦人たちでした。

まるで女子高生のように、無邪気に会話しています。女学生時代の友達でしょうか。

もしかすると、何年ぶりかで一緒に旅行に来たのかもしれません。

彼女たちにとっても忘れられない旅があったのかも、そんなことを想像しながら、ぼくは4人の影を見ていました。

f:id:trailtravel:20170218141742j:plain

やがて砂浜は終わり、誕生寺という日蓮上人が生まれたというお寺に到着します。

お寺の裏に高台へ登るみちが通じていて、そこを登っていくと、トンネルがありました。

そこを抜けると、今度は先ほどまでの優しい砂浜とは打って変わった、荒々しい断崖のみちが続いていました。

f:id:trailtravel:20170218142158j:plain

このみちを1kmほど行くと、小さな漁村がありました。

f:id:trailtravel:20170218143130j:plain

 少し集落のほうに降りてみます。

急な崖沿いに、家がへばりつくように建てられていて、それらが階段と路地で迷路のように結ばれています。

そして、漁港と言えば、ネコです。いたるところにネコが歩いたり、寝ていたりして、ネコ好きのぼくとしてはもうウキウキです。

(*´ω`*) ここが理想郷?

f:id:trailtravel:20170218143714j:plain

この美猫一家は、別の記事でも紹介しましたね。

⇩ネコや動物たちの記事はこちら

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

f:id:trailtravel:20170218144101j:plain

ネコに心を癒されながら、漁村を散歩しました。

さて、ここを過ぎると、「海と森をつなぐみち」のゴールとなる「おせんころがし」と行川アイランドはすぐそこです。

おせんころがし、なんだか気になる地名です。

この続きは、次回の「理想郷をたずねて ②」で書くことにしますね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よろしければ、コメントや読者登録いただけると嬉しいです!

(まだ、コメントゼロなんですさびしい・・・読者登録もお待ちしています!)

 

ではまた。

(= ´ω`)ノ