読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

夕陽と断崖 理想郷をたずねて②

驚愕の千葉編

f:id:trailtravel:20170218203003j:plain

(写真:鵜原理想郷に設置されていた案内板)

こんにちは、りゅうぞうです。

前回は、清澄寺から山を下り、内浦海岸の砂浜から、おせんころがしの手前の漁村まで旅したところでした。

⇩前回の旅はこちら

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

 今回は、その続きです。

ちょっと怖い 行川アイランドとおせんころがし

看板が見えてきました。

独特の雰囲気を醸し出してます。

f:id:trailtravel:20170223223613j:plain

 JR行川アイランド駅が「海と森をつなぐみち」のゴールです。

次のコース「理想郷をたずねるみち」のスタートは、ここから2駅先のJR鵜原駅になります。今回は電車で移動することを選択。

ところで、ここ行川アイランドは、かつて遊園地があったところですが、すでに営業しておらず廃墟になってます。

そのせいか、ふれあいの道の標示もかなりダークです。

f:id:trailtravel:20170223224851j:plain

(;゚Д゚) ううっ・・・

なんか不気味・・・

よくみると国鉄行川アイランドって書いてあるし。

f:id:trailtravel:20170223225129j:plain

これが行川アイランドの入り口です。

昔はこのトンネルを子供たちが大喜びで通り抜けたんでしょうが、今はその面影はありません。

柵で閉ざされて、入ることもできません。

周囲は人影もなく、全体的に廃墟が醸し出す独特の雰囲気が漂っていて、まだ明るいのですが不気味な感じがします。

ここ、日が暮れてから到着してたら、ちょっと怖かったかも。

f:id:trailtravel:20170223230742j:plain

さて、「おせんころがし」はここから数百メートル海のほうです。

ここです。

f:id:trailtravel:20170223231018j:plain

この断崖の上に、おせんの碑が立ってます。

時間があったので、しばらくここに座って海を眺めていました。

むかし、領民を苦しめる欲張りな豪族がいて、それに耐えかねた村人が彼を殺そうとたくらんでいたそうです。それを知った豪族の娘「お仙」が父を諫めるために、ここから身を投げてしまいました。その故事にちなんで、この場所は「おせんころがし」と言われているそうです。

(父の身代わりになって悪代官に突き落とされたという説もあり。「ころがし」ならこちらの説の方が納得)

おせんかわいそう。

そんな悲しい出来事があったせいか、なんだか物寂しい場所です。

あとで知ったのですが、ここでは殺人事件も起きており、心霊スポットらしいです。

(;´Д`) 早く言ってよ!

さて、電車の時間となったので、おせんころがしを後に鵜原理想郷へ向かいます。

 

トンネルを抜けると、そこは理想郷

鵜原駅に到着したのは、陽も暮れかかる頃でした。

f:id:trailtravel:20170223232533j:plain

電車が行ってしまうと、あたりの静けさが身に沁みます。

駅を出ると、鵜原の集落です。

路地を抜けると、海が目の前に見えてきました。

f:id:trailtravel:20170223233323j:plain

 ぼくは海のそばに住んだことはないのですが、それでもどこか懐かしい感じがする、ノズタルジックな風景です。

f:id:trailtravel:20170224000050j:plain

集落を抜けて、海沿いに歩いていくと、いよいよ鵜原理想郷への入り口です。目の前に険しい高台と断崖が見えています。

大正時代にここを別荘地とする計画があり、理想郷と呼ばれるようになったらしいです。多くの文人墨客が愛した風光明媚な地で、三島由紀夫与謝野晶子も訪れたとのこと。

しかし、理想郷に入るにはちょっとした試練が必要でした。

f:id:trailtravel:20170224000252j:plain

Σ(゚Д゚) トンネル!

しかも、狭い!

「うわー、やだなー、通りたくないなー」と思いますが、しかたがない。

まっすぐ立つと全く通れない高さなので、腰をかがめて通ります。

f:id:trailtravel:20170224000658j:plain

もう、早く抜けたい一心です。

でも、本当に狭い! これも夜だと通るのに相当覚悟がいると思いました。

何かの拍子で電気が消えたら、とか、後ろから(すばやい)何かが来たら、とか考えると、もうダメですね。

で、こんな感じのトンネルが数本あって、そこを通り抜けると理想郷です。

まるで通過儀礼です。

f:id:trailtravel:20170224084754j:plain

 トンネルも終わり、高台に出ます。

高台の上に迷路のような森があり、そこを抜けると、リアス式の複雑な海岸線と、そびえたつ断崖が続く絶景が広がっていました。

そして、夕陽が沈んでいきます。

f:id:trailtravel:20170224085539j:plain

きれいです。

言葉が出ません。

いつも感じるのは、ほんとうにこの世界は、美しいということです。

そして、その美しさを、いかに今まで見過ごしてきたり、無視したりしてきたかということも感じます。

例えこの世の果てまで行かなくても、美しい世界はすぐ身近にあって、ただそれに気づいていないだけなんだと思います。

ふれあいの道一周を始めて、そのあたりまえの事実を改めて感じました。

f:id:trailtravel:20170224090944j:plain

やがて、陽は沈み、岬の反対側から、大きな満月が昇ってきました。

地球の丸さを感じます。

月を見ながら、夕食をとることにしました。

f:id:trailtravel:20170224091208j:plain

ランチョンミート・ステーキです。

(*´ω`*) なかなかうまい

 

この後、宿営地に移動して、ツェルトでぐっすり眠りました。

 

さて、翌日の朝からは、鵜原理想郷を後にして、九十九里浜まで向かいます。

次回はこの旅について書きますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければ、コメントや読者登録を頂けると励みになります。どうぞよろしくお願いします。

それでは、また。

(= ´ω`)ノ