読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

心霊スポット!? 雄蛇ヶ池

f:id:trailtravel:20170402083844j:plain

(写真「桜をめでるみち」雄蛇ヶ池のほとり)

みなさん、こんにちわ。

(=´ω`)ノ

 前回は千葉県のちょうど中心あたりを北に進みました。

⇩前回の旅はこちら。

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

 

今回も、引き続き千葉の真ん中あたりを旅します。

全体図はこんな感じです。

f:id:trailtravel:20170402224359j:plain

 うーん。今回を終えると、千葉県もあと1~2回で終了かな。

だいぶ茨城県が近づいてきた。

そう言えば、自宅からの移動時間が少し短くなってきたような気が。

今回はJR土気(とけ)駅からJR成東駅までの2コースです。

f:id:trailtravel:20170402084056j:plain

 まずはJR土気駅からJR東金駅までの「桜をめでるみち」です。距離は約15km。

このコースのハイライトは何と言っても雄蛇ヶ池(おじゃがいけ)」でしょう。言わずと知れた、超有名心霊スポットです!

((( ゚Д゚))) こわい・・・

f:id:trailtravel:20170402084109j:plain

 次に、JR東金駅からJR成東駅までの「伊藤佐千夫のみち」、約16kmです。

伊藤佐千夫さんはあの野菊の墓の作者ですよ皆さん知ってますね。

子供のころ、松田聖子がヒロインで「野菊の墓」の映画やってました。

このコースは地図を見ただけでも平坦道というのが分かりますね。田んぼと集落が続くルートのようで、単調かもしれません。見どころはやはり食虫植物群落かな。

食虫植物、B級ホラー映画風のロマンあふれる響きです。

(*´ω`*) 期待・・・

そういうわけで、平成28年の3月5日に出発しました。距離は約31kmで日帰りの計画です。

前回の旅(2月6日)から、1か月後のことでした。

春の足音をきく

さて、JR土気駅から元気に出発です。

今回は、朝にどうしても済まさなければならない用事があったため、家を出たのはなんと9時過ぎでした。

このため、土気駅を出発したのは11時45分と遅くなってしまいました。

ちょっとスピードを上げていきましょう。

f:id:trailtravel:20170404230403j:plain

 駅を後にして田舎らしい集落の中を抜けて行きます。

道の脇の大きな木が、まるでトンネルのように枝を伸ばしていました。

 

f:id:trailtravel:20170404231115j:plain

 道標の後ろには、菜の花が咲いています。

そろそろ春の足音が聞こえてきたようです。

気温も暖かくて、ちょっと走ると暑くなってきました。帽子を取って、上着を脱ぎTシャツになって走ります。

しばらく行くと、小さな林に出ました。

f:id:trailtravel:20170404231757j:plain

切通の上を、木々が覆いかぶさるように伸びていました。

急にこんな冒険風のみちが現れてビックリです。

f:id:trailtravel:20170404232053j:plain

まるでジャングルみたい。

(^ω^) 楽しいぞ!

ここを抜けると、再び静かな集落に出ました。

f:id:trailtravel:20170404232336j:plain

崖をくりぬいて道祖神が祭られています。こういうのは初めて見ましたよ。

f:id:trailtravel:20170404232617j:plain

道端に、桜の花と菜の花が咲き誇ってました。

ピンクと黄色のコントラストの鮮やかさが、冬の終わりを感じさせます。

ふれあいの道一周を始めて、2回目の春です。

そういえば、前回の春は神奈川の葉山あたりにいたなあ・・・

⇩一年前の旅はこちら。

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

時の流れは早いものです。

(*´ω`*) しみじみ

雄蛇ヶ池をめぐる

13時ごろ、とうとう雄蛇ヶ池に到着しました。

f:id:trailtravel:20170404233924j:plain

うーん。案内板がいい雰囲気を醸し出してます。

一周約4kmらしいですが、ふれあいの道のコースは池の南端から時計回りに北端まで進んで池を後にするようになっています。

池の周りを進みます。

f:id:trailtravel:20170404234350j:plain

結構、水際に沿って道が続いています。

明るいので心霊スポットという感じはしませんが、とても静かです。

f:id:trailtravel:20170404234617j:plain

やっぱり、夜だと気味が悪いかもしれませんね。

確かに独特の雰囲気があるかも。でも、昼間だと、いい散歩道という感じです。

f:id:trailtravel:20170404234930j:plain

あたりは静まり返っています。

湖面も、重たげな水をたたえて、水音ひとつ聞こえてきません。

少し雲が出てきました。

池を眺める東屋があったので、そこで一休みして昼食のパンを食べることにします。

f:id:trailtravel:20170404235351j:plain

ネコが見つめていました。

以前にも書きましたが、雄蛇ヶ池はとても猫が多かったです。

心霊スポットという噂とは裏腹に、とても穏やかで素敵な場所でしたよ。

 

雄蛇ヶ池を後にして、食虫植物群落へと向かう後半の旅は、次回に書きますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

もしよろしければ、コメントなど頂けるのを楽しみにしています。

ではでは。

(= ´ω `)ノ バイバイ