読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

ふれあいの道の現在地(29.5.3~4)

f:id:trailtravel:20170505153245j:plain

みなさん、こんにちは。

現在継続中のふれあいの道一周ですが、前回の栃木の旅が2月19日でしたので、はや3カ月近くが経ってしまいました。

前回の旅はこちら⇩

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

いよいよ北部の山地地帯へと突入します。

栃木県もあと数回で終了かな。

今回は東武佐野線田沼駅をスタートして、足利市へ。その後針路を北にとり、織姫神社から行道山をへて名草厳島神社巨石群までの3コース約35kmを第1日目に。

この先は約45kmにわたりコースが設定されておらず(もともとコースはあったが、何らかの理由で廃止されたらしい)、2日目は自らルートを設定して進みます。

なんと、今回は友人のMさんが旅に付き合ってくれました。

これは心強い!

田沼駅を出発直後、道に迷っていると親切なおじさんが道に図を書いて教えてくれました。

f:id:trailtravel:20170505172627j:plain

(*´ω`*) おじさんありがとう

そんなこんなで、山を越えて足利市に到着。

織姫神社から市街を一望します。正面に見える山並みを越えてここまでやってきました。

f:id:trailtravel:20170505173045j:plain

ここからまた山へ。

ツツジの花咲く素敵なトレイルが続きます。

f:id:trailtravel:20170505173455j:plain

さらに山奥へ入っていくと、行道山浄因寺に到着

f:id:trailtravel:20170505174131j:plain

予定ではさらに進む予定でしたが、夕方近くになってきたので、付近の山中で適地を見つけてビバーク準備に入りました。

f:id:trailtravel:20170505174330j:plain

晩ごはんは、棒ラーメンカップヌードル味のコメです。

(どんだけラーメン好きなのか)

f:id:trailtravel:20170505174628j:plain

翌朝は5時出発。緑あふれるトレイルを8kmほど走ります。

けっこうアップダウンがありました。

f:id:trailtravel:20170505175138j:plain

巨石群が見どころの名草厳島神社へ着きました。

この段階で7時すぎ。なかなか順調です。(ここまでは・・・)

f:id:trailtravel:20170505175428j:plain

この先からは、ふれあいの道のコース設定がされていない区間が約45kmほど続きます。

情報によると、概ね舗装道を使用して次のコースまで行くらしいのですが、ぼくは山を横切って伸びている山道(破線道)で近道をすることにしました。

(*´Д`) 大丈夫か?

最初はよかったのですが、だんだん道がなくなってきました。

f:id:trailtravel:20170505180219j:plain

目指す稜線には何とか登りつきましたが、やっぱり下る道はない。

f:id:trailtravel:20170505180647j:plain

しかたがないので、地形を頼りに次の集落まで下ることに。

2時間ほどかかって、ようやく里に下りてくることができました。

f:id:trailtravel:20170505180919j:plain

予定していたバス停まで行くことは難しくなったので、ここからは安全策を取って、人の通る道を行けるところまで行くことにしました。

f:id:trailtravel:20170505181221j:plain

トンネルを抜けて二つ目の峠越え。

暑さが厳しくなってきます。Mさんがぶどうをくれました。

(^ω^) おいしい!

f:id:trailtravel:20170505181506j:plain

さらに3つ目の峠越え。

f:id:trailtravel:20170505181805j:plain

崖の下に、集落が見えてきました。

今日はあそこでバスに乗って帰ることにします。

f:id:trailtravel:20170505182152j:plain

到着しました。葛生(くずう)駅です。

いろいろ冒険もありましたが、楽しい旅でした。

栃木の人たちは、みんな親切だったなぁ・・・

この旅は、またいつかブログ本編で詳しく描きますね。

それでは、また。

(=´ω`)ノ バイバイ

 

※ここで使用している全体図は、環境省ホームページ「NATS自然大好きクラブ」さんに掲載されている地図に手を加えさせていただいています。