ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

縦走しました筑波連山 ①

f:id:trailtravel:20170630011633j:plain

 (写真:「筑波連山縦走のみち(1)」筑波山頂から筑波連山を望む)

 みなさん、こんにちは。

(= ´ ω `)ノ

疾風の茨城編も、いよいよ筑波山に到達したところです。

前回は平成28年6月4日~5日に、土浦から筑波山頂までを旅しました。

前回の旅はコチラ⤵

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

さて、いつもの全体図です。

f:id:trailtravel:20170701103836j:plain

いよいよ栃木県が近づいてきました。

思えば遠くへきたもんだ。

それでも、ここまで来るのに2年もかかってますからね。

まだまだ道のりは遠いなあ・・・

f:id:trailtravel:20170701104340j:plain

今回の旅の細部ルートです。

前回は筑波山頂から「筑波連山縦走のみち(1)」そして同名のコース(2)に入ります。

たぶん、関東ふれあいの道でも同じ名前のコースで(1)(2)と名付けられているのはここだけ。

(1)は「きのこ山」という可愛い名前の山から西へ下山するのが本当のルートですが、ぼくはそのまま(2)に入りました。

(2)はきのこから加波山神社燕山を縦走し、雨引山の手前で雨引観音へと下山します。しかし、ぼくはここでも下山せずに「観音様をたずねるみち」に入り、雨引山を越えてJR岩瀬駅でゴールする予定です。

 だいたい40kmくらい。

今回はビバークせず、日帰りです。

平成28年も押し迫った、12月10日に出発しました。

前回の旅が6月上旬でしたから、何と半年後の再開です。

 筑波山の素顔をみる

 半年後に訪れた筑波山は、よく晴れていましたが寒風が強く吹いていました。

そのせいか、筑波山口バス停は人影もなく・・・

f:id:trailtravel:20170701110956j:plain

ネコの親子だけが、バス停の裏でぼくを迎えてくれました。

f:id:trailtravel:20170701110810j:plain

このネコ親子は、以前別の記事で紹介しましたね。

ネコの記事はコチラ⤵

trailtravel8hureai.hatenablog.jp

 8時25分にバス停を出発して、10時に筑波山頂に到着しました。

f:id:trailtravel:20170701111607j:plain

展望台に登ると、これから縦走する山並みがよく見えました。

(-_-;) しかし寒い!

風がビュービュー吹き付けてきます。

半年前は、ここでビール飲んで、「プヘー」とか言っていたのがウソのよう。

ここから筑波山の北側を下っていきます。

f:id:trailtravel:20170701112344j:plain

北側の登山道は、あまり通る人もおらず、静かです。

トレイルの脇を渓流が流れていて、地味ですが気持ちのいい道でした。

f:id:trailtravel:20170701112706j:plain

こんな感じの、ひっそりとしたトレイルが続きます。

南側のにぎやかな登山道とは、全く別の雰囲気です。

なんだか筑波山の横顔というか、普段は見せない素顔を見れたような気がしました。

f:id:trailtravel:20170701113112j:plain

渓流のさらさらと流れる音が、日々のあわただしさを忘れさせてくれます。

やっぱり、山はいつ来てもいい!

f:id:trailtravel:20170701113315j:plain

まるで、森に守られているような安心感があります。

無数の木々の好意が、肌に直接伝わるという感じ。

(*´ω`*) ほっとします

いつまでも歩いていたい道でしたが、振り返ると筑波山も遠くになっていました。

f:id:trailtravel:20170701114358j:plain

こんどこそ、本当にさようなら。

優しい山でした。

 

パラグライダーはこわい

筑波山北側の登山道を降りると、湯袋峠につながる舗装道に出ます。

f:id:trailtravel:20170701114823j:plain

この舗装道を湯袋峠まで行かずに、途中できのこへと続く道を曲がらなくてないけないのですが、ぼくは間違えて行き過ぎてしまい、だいぶ時間と体力を使ってしまいました。

がっくり・・・

ここからきのこ山までは、ずっと舗装道が続きます。

1時間ほどで、きのこ山に到着しました。

なぜか吹き流しが立っている。

f:id:trailtravel:20170701115501j:plain

吹き流しを見ても分かる通り、メッチャ風吹いてます。

とにかく寒いです。

(*´Д`) ウヘー

時間は13時ちょうどでした。寒いのですが昼ごはんにします。

f:id:trailtravel:20170701115816j:plain

パンを2つ持ってきました。

ザックに詰め込んでいたので、せんべいみたいに潰れていて悲しい。

寒いのですが、なんとなく20分も休憩してしまいます。

f:id:trailtravel:20170701121352j:plain

歩き出すとすぐに、開けた急斜面を見つけました。

どうやらパラグライダーの離陸場所のようです。

なるほど、だからあんなところに吹き流しがあったんですね。

それにしても、急斜面です。

写真だとうまく伝わらないかもしれませんが、かなり急です。

別の場所にも見つけました。

f:id:trailtravel:20170701121721j:plain

こんな感じ。

Σ(゚Д゚) ウヒャー

急だし、それに足場がすぐに無くなってるし。 

f:id:trailtravel:20170701122555j:plain

ここから谷に向かって全速力で走ると思うと、かなり怖い!

転んだりしたら、谷間に滑落しないのかな。

いつもフワフワ飛んでいるところしか見ていなくて、「楽しそうだなー」「やってみたいなー」なんて思っていたパラグライダーですが、こんなに恐ろしいとは知りませんでした。

参りました。

降参です。

ということで、ぼくは引き続き、地に足を付けて進むことにします。

 

さて次回は、筑波連山縦走の続きを書きますね。

楽勝と思われていた今回のルートですが、少々やばいことに・・・

どうぞお楽しみに。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた。

(= ´ω`)ノ バイバイ


にほんブログ村 


にほんブログ村


にほんブログ村