ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

山の匂いがする「黒部の山賊」

f:id:trailtravel:20180225130318j:plain

みなさん、こんにちは。

(*´Д`)ノ

今回は山にまつわる本の紹介です。

 

「黒部の山賊」

山が好きな人はもちろん、そうでない人にもぜひ読んでもらいたい一冊です。

とにかく、面白いし、興味深い話が満載!

 

この本は、戦後、北アルプス三俣小屋の主人となった伊藤正一さんの回想録です。

「アルプスの怪」と副題がついているのですが、怪談話ばかりではありません。

北アルプスの地誌・伝説や、今では失われてしまった山の風俗。

熊狩りに岩魚釣り、山小屋での暮らしなどなど。

 

特におすすめなのは、

三俣小屋で山賊たちと一夜を過ごした話

単発銃を連射する漁師の早業の話

キティ台風が直撃した黒部渓谷から生還した話

薬師岳での不思議な遭難の話

山で「オーイ」と呼ばれたら答えてはいけない話

黒部のカッパ、タヌキの怪異談

そしてなかでも一番好きだったのは、伊藤さんの愛犬「ジャム」にまつわる話です。

ジャムがカメラを向けるとポーズを取るようになった話(写真が載ってますが、本当にカッコよくポーズを取ってる!)や、ジャムが槍ヶ岳から三俣蓮華までを1時間(人間なら8時間!)で走った話は、短いですが魅力あるエピソードです。

f:id:trailtravel:20180225130443j:plain

 

大げさな修飾のない、淡々とした文章なのですが、それがかえって生き生きと情景を再現させてくれて、何度読んでも飽きません。

読んでいると、山の匂いがしてくるようです。

 

あと、この本の魅力として忘れてはならないのが、伊藤さんの撮った写真です。

昭和22年当時の三俣小屋が、あまりに粗末な小屋なので、びっくりします。

山賊と呼ばれた山の仲間たちのクセのある表情や、当時の黒部の風景なども、往時の様子が伝わってくるいい写真です。

荷運びをするボッカの写真がありますが、その荷物の大きさにビックリ。

幅5mぐらいある木材を背負っている姿は、どうやって山道を登ってきたのか不思議になります。

あと、遭難者の遺体を山上で荼毘に付す写真も衝撃的でした。

 

こうやって、「黒部の山賊」の面白さを話し出すときりがないのでこのくらいにしますが、とにかく、魅力にあふれた本です。

ぜひ、機会があれば一度手に取ってみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた。

(^ω^)ノ

 

よろしければ、ポチリとお願いします。

(*´ω`*)⤵

 

人気ブログランキング

にほんブログ村

 にほんブログ村

 にほんブログ村

 にほんブログ村