ロングトレイルの旅   関東ふれあいの道一周

1都6県をつなぐ自然歩道「関東ふれあいの道」1800Kmを一周するりゅうぞうのブログです。

妖狐が化かす小梨峠へ

f:id:trailtravel:20190414185258j:plain

(写真:牛伏山の牛像)

どうぞ読者に!⤵

みなさん、こんにちは。

(^ω^)ノ

富岡から埼玉県境へ向かう旅の最終回です。

前回は、上野(こうずけ)三碑をめぐる旅のことを書きました。

前回の旅はコチラ⤵

 

金井沢碑山ノ上碑を経て、多胡碑に到着したのが11時45分のこと。

「小梨峠から牛伏山へのみち」は残り18kmほど。

詳細図はコチラ⤵

f:id:trailtravel:20190313234055j:plain

ここから牛伏山に登り、小梨峠を越え、埼玉県境に近い上鹿島バス停で終了の予定。

さて、明るいうちに到着できるでしょうか?

 

そして牛伏山へ

多胡碑を後にして、南へ。

正面に見える山が牛伏山のようです。

f:id:trailtravel:20190414205211j:plain

なるほど、牛が寝そべっているようにも見える。

しかし、結構遠いなぁ。

ちょっと、スピードを上げたほうがよさそうだ。 

 

しかし何と、町の中で、かなり迷ってしまいます。 

30分ほどかかりようやく町を抜けると、車通りの多い道に出ました。 

f:id:trailtravel:20190414205321j:plain

道標はあるのですが、車道を横切った向こうにある崖を指しています。

一体どっちに行けばいいんだ?

(((;´Д`))) アセアセ

 

結局、ここで道を探して行ったり来たり。

さらに30分ほど時間を使ってしまいます。

で、ようやく見つけたのがこの道。

f:id:trailtravel:20190414205452j:plain

それなりの太さもあるし、決して見つけられない道じゃない。

だけど何か奇妙な先入観があって、最初に見たとき、ここじゃないと思ってしまった。

思い込みは怖いなぁ。

 

さて、この道をまっすぐ進むと、やがて両脇が草木ばかりになってきます。 

f:id:trailtravel:20190414205642j:plain

そろそろ牛伏山のふもと。

道は舗装がなくなり、山の中へと入っていきます。

と、ここでまた、微妙な場所が。

ここで迷うと、ちょっと危うい時間になりつつあるので、慎重に。

右に進みました。

f:id:trailtravel:20190414205839j:plain

なんだか、道らしいのは左側のような気もしますが・・・。

 

しかし、右で正解だったようで、しばらく行くとこんな標示が。

「山頂まで700M」

ここが登山道の入り口のようです。f:id:trailtravel:20190414210502j:plain

うっそうと木々が被さる橋を越えると、下草の伸びる登りが続きます。 

f:id:trailtravel:20190414210239j:plain

中腹あたりから 整備された感じの登山道となりましたが、意外に急な登り道でした。

そしてようやく、牛伏山の山頂に到着f:id:trailtravel:20190414210833j:plain

時刻は13時55分でした。

ちょっと疲れました、もうヘトヘト・・・

 

さらに奥へと

牛伏山は標高500m足らずの低山ですが、平地を見降ろす地形なので、なかなか見晴らしが良いです。f:id:trailtravel:20190414211024j:plain

目の前の丘陵部が、今朝がた苦労した里山地獄一帯かな。

里山地獄の話はコチラ⤵

山頂には、鐘楼がありました。 

f:id:trailtravel:20190414211139j:plain

時間は少し押していたのですが、やはりここはひと突き。

ゴーンという太い音が、ふもとの町並みにもに届くような気がしました。

 

20分ほど山頂で遊んだ後、山を下ります。

f:id:trailtravel:20190414211654j:plain

西側の尾根線を下っていくと、舗装道とぶつかりました。f:id:trailtravel:20190414212142j:plain

ここからは舗装道を進んでいきます。

下りきったあたりで、人気のない交差点に到着しました。f:id:trailtravel:20190414212845j:plain

交差点とも言えないような、樹木に囲まれた場所です。

こういった場所は、山の中よりもむしろ寂しい感じがします。

先を急ぎましょう。

f:id:trailtravel:20190416005405j:plain

人も車もあまり通らないのでしょうか、ちょっと荒れた雰囲気。

そして、道は竹林へと入っていきます。

f:id:trailtravel:20190416005735j:plain

もしかすると、こんな感じで小梨峠まで続くのか?

このあたりで15時ぐらいでしたから、少し不安になってきます。

しかし、竹林の中は意外に道がハッキリしていて順調でした。

f:id:trailtravel:20190416010307j:plain

ところどころ、草が生い茂り道が不明瞭な個所もありましたが、無事に通過。

草の向こうに舗装道が見えてきました。

f:id:trailtravel:20190416010727j:plain

(*´Д`) ホッ

この最後の箇所は、一番不明瞭な場所でした。

 

そして、この舗装道を進んでいくと、集落が見えてきます。

これでようやく一安心。

f:id:trailtravel:20190416011152j:plain

 

さらに、集落から小梨峠方向へ向かう道は、なんとなくしっかりしている感じが。

f:id:trailtravel:20190416011406j:plain

この時、時刻は15時15分。

このまま舗装道が続けば、何とかバスの時刻には間に合いそうです。

よかった、よかった。

 

妖狐が化かす小梨峠へ

しかし、やはりここは関東ふれあいの道

このままきれいな舗装道が続くわけもありません。

早くも、雰囲気たっぷりな道へと変わってきました。

f:id:trailtravel:20190416011944j:plain

とはいえ、引き続き簡易舗装の道が続きます。

まあ、これならあまり時間をかけることもなく、峠に到達できるでしょう。

f:id:trailtravel:20190416012311j:plain

 

やがて道は渓流から離れ、登り一辺倒となります。

f:id:trailtravel:20190416012559j:plain

少し日が傾いてきました。

どんどん進んでいきましょう。

振り返ると、ずいぶん登ってきたことがわかります。

f:id:trailtravel:20190416012933j:plain

登るにつれ、直登気味だった道は曲がりくねるようになり、舗装もいつしかなくなりましたが、それでも一本道なので、たやすく進むことができました。

しかし、やがていくつかの細かい分岐が出現し始めます。

そしてとうとう、どちらが正しい道か判然としない分岐にぶつかりました。

 

ここでぼくは誤った道を選んでしまい、どうも峠には続かないと判断して引き返すまでにさらに20分ほど使ってしまいます。

ようやく正しい道に戻り、急いで小梨峠を目指しました。

f:id:trailtravel:20190416013903j:plain

どこまで行けば、峠に着くんだろう。

気持ちは少し焦り始めていました。

そしてようやく、道の先になにやら赤い旗のようなものが・・・

f:id:trailtravel:20190416014201j:plain

どうやら、小梨峠に到着したようです。

(;´Д`) ヨカッタ

 

峠には、古い石仏が一つ、ポツンと祀られています。

f:id:trailtravel:20190416014644j:plain

とても静かでした。

道の脇に案内板が立てられています。

f:id:trailtravel:20190416015806j:plain

それによると、その昔この峠には老狐が出て、人を化かしたとのこと。

この峠にこうして一人で立っていると、それは伝説や昔ばなしではなく、リアルな現実だと感じられました。

ぼくと同じように、日暮れ時にこの峠を通った旅人は、やはり不安な気持ちだったのでしょうね。

今もなお、狐狸妖怪が棲んでいそうな実感がありました。

 

さて、時刻はもう16時半を過ぎています。

急いで上鹿島バス停へと下りましょう。

下る前に、振り返って小梨峠を見やります。

f:id:trailtravel:20190416015446j:plain

深い木々に囲まれて、妖狐が覗いているような気がしましたよ。

 

あとは一目散に下るだけです。

20分ほど行くと、ようやく集落が見えてきました。

f:id:trailtravel:20190416020153j:plain

 

集落の出口には、小さなお地蔵さんが並んでいました。

ここを曲がると、今回の旅の終点、上鹿島バス停です。

f:id:trailtravel:20190416020414j:plain

 

バスを待つ間に、どんどん日が暮れてきました。

小梨峠のほうは、もう山が真っ黒です。

f:id:trailtravel:20190416020643j:plain

 

バスがやってきました。f:id:trailtravel:20190416020755j:plain

これで、富岡から白衣観音高崎上野三碑牛伏山とめぐり、小梨峠を越えた2日間の旅も終わり。

そして、長かった群馬の旅も終わろうとしています。

次回は、とうとう県境を越え、埼玉県に入る旅のことを書きますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた。

(; ´ ∀`)ノ バイバイ

よければポチリとお願いします⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へにほんブログ村  

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

関東旅行ランキング

徒歩の旅ランキング












 

世界の記憶 三つの石碑をめぐる

f:id:trailtravel:20190322224111j:plain(写真:高崎駅に展示されている上野三碑のレプリカ)

よければ読者になって下さい⤵

みなさん、こんにちは。

(*^ω^*)ノ

前回は高崎の街を出て、「石碑をめぐるみち」に入り、昼なお暗き里山地獄で苦しんだところまで書きました。

前回の旅はコチラ⤵

その里山地獄もようやく終わり、上野(こうずけ)三碑のうち、まずは金井沢碑へと向かう道路へたどり着いたのでした。 

詳細図はコチラ⤵

f:id:trailtravel:20190313234055j:plain

今回は、上野三碑をめぐる旅について書きますね。

 

上野(こうずけ)三碑とは?

ところで、これからたどる上野(こうずけ)三碑とは、一体何でしょうか?

なんと、2018年にユネスコの「世界の記憶」遺産に登録された、歴史ある石碑らしい。

飛鳥から奈良時代初期の古代遺跡で、金井沢碑山ノ上碑多胡碑の総称です。

日本に現存する古代石碑は18例、上野三碑はそのうちの3例が近接している稀有な例とのこと。

古代の日本と東アジアの文化交流状況や、当時の家族制度の様子が分かる貴重な歴史文化遺産なのです。

高崎駅には、この三碑のレプリカも展示されていました。(トップ写真)

 

そして金井沢碑

さて、前回の記事は、この道路で終わっていたことを覚えていますか。

f:id:trailtravel:20190323124503j:plain

なんとか、もう里山地獄に入らずに、金井沢碑まで行きたい!

地図上ではここからそれほど離れていない。

何といっても世界遺産なんだから、交通の便はいいはず。

 

そう信じて道を進むと、

あった!f:id:trailtravel:20190323140050j:plain

金井沢碑の案内板。

そして、ここが入り口です。8時50分に到着。

f:id:trailtravel:20190323140310j:plain

想像していたより、かなり立派。

てっきり、道祖神のように道ばたに立っているのかと思ってた。

石碑までは、なんと木道がつけられています。

f:id:trailtravel:20190323140616j:plain

これで驚いてはいけない。

なんと、石碑保存のために、立派な建物も建てられています。

f:id:trailtravel:20190323140832j:plain

正面の扉のように見えるのはガラス窓で、ここから石碑を見ることができます。

これです。

f:id:trailtravel:20190323141010j:plain

うーん。

光がガラスに反射してうまく撮れない。

どうやら、先祖の供養の一族の繁栄を祈る言葉が彫られているらしい。

f:id:trailtravel:20190323141244j:plain

726年に立てられた碑で、なんとすでに「群馬」という地名が使われている。

それに比べりゃ東京はなんだ!

(`・ω・´)  キリッ

1000年以上新しいぞ!

あなどれないぞ群馬!

 

歴史ある道と山ノ上碑

さて、次は山ノ上碑に向かいましょう。

やって来た道路を戻るのですが、そこを途中で左手に山のほうに入っていくはず。

その入り口がどうにも見つからない。

しばらくウロウロして、ようやく見つけました。

工事現場のプレハブと重機の横に、なにやら細い道がついている。

f:id:trailtravel:20190323141956j:plain

なんとここが山ノ上碑へと向かうルートの入り口でした。

いやな予感がする・・・

 

川を渡って、また山の中に入っていきます。

f:id:trailtravel:20190323142135j:plain

どうやらこの道は、鎌倉街道七曲り」と呼ばれた古い街道らしい。

f:id:trailtravel:20190323142523j:plain

昔、高崎から鎌倉へ行くには、ここを通り藤岡まで出たとのこと。

ただし、いまではどのルートだったか判然としないそうです。

ということで、まずは急坂を登ります。

f:id:trailtravel:20190323142832j:plain

登りきると、尾根道が緩く続いていました。

里山地獄とは違い、道はよく整備されていて明瞭です。

f:id:trailtravel:20190323143103j:plain

枝葉越しの日差しが気持ちいい。

途中、いろいろな石碑や歴史の案内板が建てられていました。

f:id:trailtravel:20190323143312j:plain

歴史の案内板には、かつて防人に任ぜられた若者たちが筑紫の国に旅立つとき、この道を通ったと書いてありました。

水戸黄門も、高崎に立ち寄った際にはこの道を使い、その時山賊にあったそうです。

こういう歴史のある道をたどるのは、感慨深いものがあります。

何千人がこの土を踏んだのだろう、とか。

どんな気持ちでこの景色を見たんだろう、と考えると、道って奥が深いなあと思います。

 

こうして楽しく山道を歩いていると、突然建物が姿を現しました。

f:id:trailtravel:20190323144046j:plain

どうやら、山ノ上碑に到着したようです。

09時35分でした。

山ノ上碑も、金井沢碑と同じように、建物で保護されています。

f:id:trailtravel:20190323144222j:plain

扉のガラス越しに覗いてみます。

f:id:trailtravel:20190323144336j:plain

(*´ω`*)  まぁ、立派・・・

全体の形が残っている最古の石碑とのこと。

681年に、長利というひとが母のために建てたそうです。

f:id:trailtravel:20190323144800j:plain

まさか、千年以上も残って世界遺産になるとは、長利さんも思わなかっただろうなぁ。

 

豊かな里と多胡碑

山ノ上碑からは、長い階段を下って集落へと降りていきます。

f:id:trailtravel:20190323151841j:plain

この階段を下ると、里山とはお別れ。

平地に向かって進んでいきます。

f:id:trailtravel:20190324154834j:plain

5月とはいえ、景色はもう夏。

 

下りきると、神社がありました。

山名八幡宮です。

f:id:trailtravel:20190324154944j:plain

時刻は10時10分でした。

まだまだ元気だったので、休まず先に進みます。

f:id:trailtravel:20190324155518j:plain

青い穂が、初夏の風に揺れてる。

豊かな里の風景です。

きっと、三碑が建てられた時代から、豊かな土地だったんでしょうね。

 

しかし、平地に出ると日陰がなくて暑い!

田の中を3kmほど進むと、ようやく「石碑めぐりのみち」の終点、馬庭駅に到着。

f:id:trailtravel:20190324160448j:plain

まるで普通の家の軒先のよう。

小さな子供がお母さんに見守られて遊んでいました。

日差しの中を40分も進んだので、少し疲れた。

駅の日陰に入り、20分ほど休憩。

 

で、11時15分に馬庭駅を出発。

ここからは本日最後のルート、「小梨峠から牛伏山へのみち」20km。

ふたたび田畑が広がる平地を進みます。

牛がこちらを物珍しそうに見ていました。

f:id:trailtravel:20190401204044j:plain

「この暑いのに、何してんだ?」

とでも思ってるんでしょうか?

 

駅から多胡碑までは2km弱ですが、住宅街に入り込み道に迷ってしまいます。

30分もかけて、ようやくそれらしい場所に着きました。

f:id:trailtravel:20190401204346j:plain

公園のようですが、「多胡碑記念館」と書いてあります。

中に入ってみると、ありました、立派な建物が!

f:id:trailtravel:20190401204630j:plain

(´゚д゚`) うぉー

立派な記念館だ!

金井沢碑や山ノ上碑とはかなり違うぞ。

 

さっそく中に入ってみます。

中には、三碑が建てられたころの遺物や、石碑の文字の拓本などが展示されていて、なかなか面白い。

しかし、肝心の多胡碑が見当たらない!

 

実は、この記念館の隣に小さな建物があり、そこで石碑は保存されていたのでした。

これです。

f:id:trailtravel:20190401205133j:plain

古代のものとは思えないくらい、文字がはっきり読み取れます。

(読めないけど・・・)

こんなにしっかりした石碑を建てることができたということは、やはり古代から豊かな土地で、腕のいい石工や、教養のある人士も住んでいたということですよね。

今日たどった道も、古代からいろんな人が行き交った道なんだろうなぁ・・・

 

さあ、これで上野三碑めぐりも終わり。

あとは一路、埼玉県境の山地へと向かうばかりです。

次回は、牛伏山から小梨峠を越える旅のことを書きますね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、また。

(^ω^)ノ バイバイ

よろしければ読者になって下さい⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

関東旅行ランキング  

徒歩の旅ランキング

どこまでも里山地獄

f:id:trailtravel:20190323105543j:plain

(写真:「石碑めぐりのみち」入口)

どうぞ読者になって下さい⤵

 

みなさん、こんにちは。

(=  ´ ω`)ノ

埼玉県境へと向かう旅の2日目。

2018年5月21日の朝。

前回は巨大な白衣観音を経て、高崎駅の近くで一夜を過ごしたところまで書きました。

前回の記事はコチラ⤵


今日は、昨日の終点高風園バス停まで戻り、馬庭駅までの「石碑めぐりのみち」14.8kmそして牛伏山から小梨峠を越える「小梨峠から牛伏山へのみち」20kmの旅です。

詳細図はコチラ⤵

f:id:trailtravel:20190313234055j:plain

地図を見ると、牛伏山までは全般的には平地。

山があっても里山・裏山程度でしょう。

(^ω^) スイスイ行こう!

 

と、甘く考えていたら、大変なことになった旅です。

 

始まったよ里山地獄 

泥のように眠り込んだネットカフェ。

朝6時05分に出発しました。

f:id:trailtravel:20190323100128j:plain

雲一つない晴天。

今日も暑くなりそう。

市街を抜け、碓氷川を渡って高崎の街を後にします。

おっ、丘の上に白衣観音が見える!

f:id:trailtravel:20190323100717j:plain

ここから見ても、大きいなぁ。

昨日歩いた道をたどり、7時ちょうどに高風園バス停に到着。

f:id:trailtravel:20190323101005j:plain

ここから「石碑めぐりのみち」のはじまりです。

 

次回の記事で詳しく書きますが、なんとこの上野(こうずけ)三碑は、ユネスコの「世界の記憶」に登録された古代の石碑で、金井沢碑山ノ上碑多胡碑の総称です。

 

よーし、じゃあ「世界の記憶」を見に行こう!

ということで、意気揚々と出発。

 

バス通りの道を少し進むと、道標が立っていました。

こっちに曲がるみたい。

資材置き場の脇道みたいで、なんだか殺風景。

f:id:trailtravel:20190323104927j:plain

ほんとにこれで正しい道なのか?

f:id:trailtravel:20190323105110j:plain

いきなり不安になってくる。

下っていくと小川があり、橋を渡って山に入っていくようです。

荒れてる感じが・・・

f:id:trailtravel:20190323105312j:plain

こういう、生活感が残って荒れてる場所は、なんだか不気味で苦手。

橋の向こうも暗くて・・・

f:id:trailtravel:20190323105543j:plain

しかし、こんなところで立ち止まっていられない!

先に進みます。

予想通り、めっちゃ荒れてる。

f:id:trailtravel:20190323110028j:plain

昼なお暗き、って感じです。

f:id:trailtravel:20190323110204j:plain

人があまり通らないんでしょう、蜘蛛の巣もすごい。

顔や体にガンガン巻き付いてくる。

もはや地獄

 

30分ぐらい登って、ようやく広めの道に出ました。

f:id:trailtravel:20190323110605j:plain

さらりと得体のしれない車が捨ててあるところがホラーです。

ここにも。

f:id:trailtravel:20190323110942j:plain

いつも、こういうのを見ると窓を覗き見したい衝動に駆られる。

でも、怖いからやめときます。

 

ようやく集落に出ました。

f:id:trailtravel:20190323111218j:plain

( ; ´Д`)  やれやれ。

ようやく一息。

 

さらに続く里山地獄

集落を抜けると、グンと道は広くなる。

f:id:trailtravel:20190323111453j:plain

どうやらレジャー施設のようです。

「観音山ファミリーパーク」というらしい。

道は緩やかな下りとなって、ずっと続いています。

f:id:trailtravel:20190323111942j:plain

このまま金井沢碑まで行くのかな。

こりゃいいや。

 

と思っていたら、この道の右脇に道標を発見!

f:id:trailtravel:20190323112106j:plain

うわぁあ・・・

しかもまた、荒れてる系の道。

地図を見ると、このまま道路沿いに行ってもルートに復帰するようですが、もちろんそんなズルはしません。

で、山道に。

最初は思ったより、歩きやすいトレイルでした。

f:id:trailtravel:20190323112506j:plain

 

しかしそのうち、道が不明瞭になり始めます。

この道標は左を指しているけれど、そちらにはほとんど道らしきものがない。

f:id:trailtravel:20190323112846j:plain

ほんとにコレ、正しいのか?

地図で地点標定しつつ、迷わないように進みましょう。

f:id:trailtravel:20190323113056j:plain

もう、何が何やら・・・

前に低山のほうが道迷いしやすい、という記事を書いたことがありますが、まさに里山はその典型。

その記事はコチラ⤵ 


低山、特に里山は眺望がきかないし、目印となる特徴的な地形も少ない。

それでいて、人が入ってきやすいので、道じゃないところに足跡があったり、道らしく見えるような踏み跡が多い。

なので、里山とはいえバカにはできないのです。

さらに道は悪くなってきます。

f:id:trailtravel:20190323113556j:plain

まさに里山地獄。

ここでも蜘蛛の巣が全身に絡みついてくる。

振りほどこうとするけど、全然取れない。

とくに顔面に絡みつく糸は、よけい絡まってくる感じがする。

もうヤダたすけて

 

おっ、かすかに階段のあとがある。

f:id:trailtravel:20190323114053j:plain

ということは、正しいルートなのか?

こんな感じで20分ほどもがいていると、なんだか植生が変化しました。

f:id:trailtravel:20190323114321j:plain

どうやら、出口も近いらしい。

よかった!

f:id:trailtravel:20190323114453j:plain

道路です!

普段の山歩きでは、こういう自動車道路に出るとイヤなのですが、今回ばかりは嬉しいぞ!

f:id:trailtravel:20190323114923j:plain

なんて歩きやすい道なんでしょう最高です。

振り返ると、そこには鬱蒼とした里山地獄が。

f:id:trailtravel:20190323115054j:plain

よかった通り抜けられて。

(; ´ ∀`) ホッ・・・

これでもう安心。

 

さらにさらに里山地獄

地図上では、ここまでくれば金井沢碑までは目と鼻の距離。

なんといっても世界遺産ですから、交通の便もいいでしょう。

これで里山ルートは終わりだな。

と思っていたら、森へといざなう悪魔の道標が。

f:id:trailtravel:20190323120222j:plain

うーん。

なぜ、そっちに行かせようとするんだ?

そんなことまで思ってしまう里山ダメージの蓄積。

道標の寂れように嫌な予感がしてきた。

f:id:trailtravel:20190323120615j:plain

もうこのあたりになると、「高崎自然歩道」の道標だけで、ふれあいの道の標識が全くなくなってしまった。

昨日までは、小さなプレートがちゃっかり便乗して付けられていたのに、それすらない。

なので、次第に正しいルートから外れたのではという疑惑が高まってくる。

そしてまたもや始まる里山地獄。

f:id:trailtravel:20190323120925j:plain

地図とコンパスを見ると、方向は正しい。

進んでみます。

時おり道の名残があるので、間違ってはいないようだ。

f:id:trailtravel:20190323121207j:plain

それにしても、蜘蛛の巣が多いな。

もう気にしないけど。

 

道標がありました。

しかし、その指す方向の鬱蒼とした茂みに入っていく気がしない。

f:id:trailtravel:20190323121420j:plain

ちょっと疲れも出てきたせいか、弱気になってきた。

ちなみにこの時点で、8時半ぐらい。

入ってみると、やはり里山地獄

f:id:trailtravel:20190323123007j:plain

はたして正しい道なのか?

さっき道標があったけど、道の入口を間違えたのでは?

いつでも引き返せるように、時々振り返って道の様子を記憶しておきます。

 

しばらく行くと、はっきりと階段が現れてきました。

f:id:trailtravel:20190323123434j:plain

登っていくと、頂上らしき開けた場所に出ます。

f:id:trailtravel:20190323123837j:plain

ふたたび真っ青な空が。

そして強烈な日差しが降り注ぎます。

あとは下るだけかな。

さらに進むと、なにやら人工的な広場が見えてきました。

f:id:trailtravel:20190323124111j:plain

脱出!

(; ´∀`) ヨッシャー

もう終わりだよね!

ね?

この道を行けばいいんだよね?

f:id:trailtravel:20190323124503j:plain

さて、無事に金井沢碑にたどり着けるのか?

この続きは次回に。

次回の旅はコチラ⤵

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、また。

( ; ´∀`)ノ バイバイ

どうぞ読者になって下さい⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

関東旅行ランキング

徒歩の旅ランキング









 

圧倒! 白衣観音を仰ぎ見る

f:id:trailtravel:20190319013423j:plain

(写真:「白衣観音めぐりのみち」白衣観音像の威容)

みなさん、こんにちは。

Σ (;゚Д゚)

前回は上州一ノ宮駅を出発し、富岡の北側に伸びる里山を東に進み、長学寺から中高尾バス停までの旅を書きました。

前回の旅はコチラ⤵

 

旅の詳細図はコチラ⤵

f:id:trailtravel:20190313234055j:plain

今回は、中高尾バス停から連結区間を経て、すみれ保育園バス停千人隠れ白衣観音高風園前バス停までの白衣観音めぐりのみち」約19km、そして高崎での夜のことを書きますね。

 

燃える初夏の日

中高尾バス停近くで、アイスを食べて一休み。

f:id:trailtravel:20190315001132j:plain

この日は2018年5月20日ですが、5月とは思えないほどの暑さ!

時刻は13時15分。

すでに朝の涼しさは失われ、照り付ける太陽が帽子越しに頭を焦がします。

アイスがどんどん溶けていく!

 

ここから2kmほどの連結区間を挟み、次の白衣観音をめぐるみち」の起点となるすみれ保育園バス停に到着しました。

ここです。

f:id:trailtravel:20190318004048j:plain

錆びついた看板が、かわいい名前とは裏腹の、いい味を醸し出してる。

 

しばらく、こんな感じの道を通ります。

f:id:trailtravel:20190318004634j:plain

アスファルトが熱い・・・

早く山に入りたい。

 

14時05分に小桑観音に到着。

村の鎮守様といった感じの、素朴なお堂でした。

f:id:trailtravel:20190318004857j:plain

小桑観音から集落を見降ろしてみる。

f:id:trailtravel:20190318005114j:plain

みんな暑くて家で休んでるんだろうか?

そう思うほど静まり返っていました。

 

誰もいない集落を横切ります。

f:id:trailtravel:20190318005425j:plain

田地を抜けると、ようやく道は山に入っていく。

f:id:trailtravel:20190318005703j:plain

とは言っても、やはり里山

一向に涼しくはならない。

f:id:trailtravel:20190318010039j:plain

むしろ、植物の吐く湿気で、よけいに息苦しく感じたりする。

と思っていると、山道は終わり、再び舗装道に。

f:id:trailtravel:20190318010251j:plain

やっぱり、暑い!

高台に出ても、やっぱり暑い!

f:id:trailtravel:20190318010846j:plain

暑いのはさておき、のどかな田舎風景が続きます。

山道も大好きだけど、こういう里歩きも好きだなぁ。

 

千人隠れを見る

なおも日の照り付けるアスファルトの道を進みますが、やがて雰囲気が変わります。

f:id:trailtravel:20190319000910j:plain

草木が多くなり、人の気配がなくなってきました。

このあたりから、「高崎自然歩道」の標識が目立つように。

f:id:trailtravel:20190319001450j:plain

ふれあいの道の標識がちゃっかり便乗してる。

このあたりは、ふれあいの道の標識が、結構おざなりな感じでつけられていました。

こんなふうに。

f:id:trailtravel:20190319001820j:plain

こりゃ、見落とすぞ。

 

カーブミラーに取り付けられている。

これも相当てきとう感がある。

f:id:trailtravel:20190319002144j:plain標識の設置は地元の自治体が行っているようです。

なので、地域によって違いが激しく、観察していると結構おもしろいです。

 

まっすぐ進んでいくと、「千人隠れ」の標識が立っていました。

f:id:trailtravel:20190319005810j:plain

これも「関東ふれあいの道」と「高崎自然歩道」のコラボですね。

千人隠れへと下る道は、山道になっています。f:id:trailtravel:20190319010050j:plain

一度、再び道路に出ますが、道の脇に下り口があり、そこをさらに谷に降りていくと、千人隠れに15時50分に到着しました。

f:id:trailtravel:20190319010523j:plain

写真の撮りようがうまくなくて、あまり良く分かりませんが、谷底沿って崖が長く伸びています。

結構大きい。

いわれでは、戦いで敗れた武士が身を隠したり、浅間山が噴火した時には村人が避難したとのこと。

確かに、千人隠れても十分収まりそう。

 

千人隠れを後にすると、一旦は元の道路に戻りますが、すぐにまた山道に。

f:id:trailtravel:20190319002337j:plain

ここも道標が木の根っこに取り付けられていて、いい加減な気がしますが、一応目立つところに下がっているから良しとしましょう。

日陰なので、ちょっと落ち着きます。

f:id:trailtravel:20190319011212j:plain

しかしそれもつかの間、すぐにまた舗装道に戻ります。

 

Σ(゚Д゚) あれっ!

木の向こうに、なんだか白いものが見える!

f:id:trailtravel:20190319011612j:plain

もしかして、あれが白衣観音では?

だとすると、かなりの巨大観音像です。

はやる気持ちを抑えきれず、走り出します。

 

圧倒! 白衣観音

やはりそうでした。

f:id:trailtravel:20190319011924j:plain

枝の間から姿を見せる白い巨像。

白衣観音です。

まさかこんな巨大観音とは、想像もしていませんでした。

観音像を見上げながら進むと、お寺の境内に入ります。

時間は16時40分でした。

f:id:trailtravel:20190319013030j:plain

そして、左手の階段を上ると、そこには・・・・

天にそびえる、大白衣観音像!

f:id:trailtravel:20190319013235j:plain

ドーン!

 

Σ(゚Д゚) 大きいっ!

もっと近寄ってみます。

f:id:trailtravel:20190318001917j:plain

ドドーン!

 

何という威容!

圧倒的迫力!

それもそのはず、高さは41.1mです。

たっぷり20分は見上げていましたよ。

 

白衣観音の迫力冷めやらぬまま、高崎を目指し山をくだる。

この2件の土産物屋さんの間の道をまっすぐ進みます。

f:id:trailtravel:20190319222523j:plain

 

「洞窟観音」かぁ・・・。

f:id:trailtravel:20190319223315j:plain

行こうと思ったけど、すごく急な階段が、薄暗い森の中に続いていたのでやめました。

このまま山を下ります。

f:id:trailtravel:20190319224336j:plain

15分ほどで市街地に出て、それから程なく高風園前バス停に到着。

17時25分でした。

f:id:trailtravel:20190319224553j:plain

ここで「歴史を尋ねるみち」11.5kmと白衣観音めぐりのみち」17.5kmは終了。

今日はこれで旅を切り上げて、ここから5kmほど離れた高崎の町で一夜を過ごすことにします。

 

高崎の夜は更けて

地図を頼りに歩いていくと、街が見えてきました。

大きな川を渡ります。碓氷川です。

f:id:trailtravel:20190319225049j:plain

上流のほうには、前回の旅で越えた妙義の山並みが。

ずいぶん遠くなったなぁ。

さて、橋を渡って街に入ろう。

いつも思うけど、トレイルを終えて街に入る時って、すごくワクワクする。

砂漠を旅するキャラバンも、オアシス都市に入るときはこんな気持ちだったのかな。

この街で、旅装を解き、冷たい水を飲み、食べ物を買って、足を休める。

街の人と会話をし、ほかの旅人と情報を交換し、そしてまた旅を続ける。

何かが待ってる、というワクワク感が、街に入る時にはある。

 

そして、高崎駅前に到着。

f:id:trailtravel:20190319230234j:plain

時刻は6時55分。

駅ビルの上に月が出ています。

ちょっと風が強くなってきて、肌寒くなってきました。

お腹も減っていたけれど、まずはお風呂にしよう。

ということで、高崎駅から2kmほど南にある「さくらの湯」という温泉に行きました。

f:id:trailtravel:20190319231037j:plain

古民家のような建物で、すごく落ち着く温泉でしたよ。

そしてもちろん、風呂上りには・・・

f:id:trailtravel:20190319231411j:plain

(*´Д`) プハー!

うまい!

最高です!

 

ほろ酔い加減で、ご機嫌のまま高崎駅に戻り、夕食に。

駅前にイオンがあったので、入ってみます。

中には、買った食材を食べられるスペースもありました。

で、コレ。

f:id:trailtravel:20190319231850j:plain

寿司にトンカツっ!

(子供かよ・・・)

そして、

f:id:trailtravel:20190319231952j:plain

刺身っ!

なんと、どちらも100円っつ!

そのおかげで、ビールがグレードアップしております。

たいへん豊かな夕食でした。

(*´ω`*) まんぞく・・・

 

その後、人生初のネットカフェへ。

「群馬レジャーランド」

いかにも旅人が集まりそうな? 場所で一夜の宿を求めます。

f:id:trailtravel:20190319232513j:plain

ネカフェの感想?

すぐに寝てしまったので、何ともはや・・・

 

次回は高崎を出発し、上野(こうずけ)三碑を巡りながら埼玉県境に向かう旅を書きますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた、

(*  ´ з `)ノ バイバイ

よろしければポチリとお願いします⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

関東旅行ランキング

徒歩の旅ランキング













 

 

富岡の初夏 色とりどりの道

f:id:trailtravel:20190313230900j:plain

(写真:「歴史を尋ねるみち」長学寺の山門)

みなさん、こんにちは。

(* ´ з `)ノ

群馬の旅も、上毛三山を越え富岡の平地部へと到達。

埼玉県境は、もう目と鼻の先です。

前回の旅はコチラ⤵
今回は、富岡の平地部から高崎を経て、県境山地部までの旅を書きますね。

全体図はコチラ⤵

f:id:trailtravel:20190313233711j:plain


埼玉まで、もう少しだ!

そして、関東一周も!

 

今回の旅の詳細図です。

f:id:trailtravel:20190313234055j:plain

スタートは、前回の終着点である上州一ノ宮駅

ここから貴前神社へ。この後、富岡の北側に広がる丘陵地帯を横断し、中高尾バス停までが「歴史を尋ねるみち」11.5kmです。

この後2km弱の連絡区間を挟み、すみれ保育園前のバス停から白衣観音のみち」となります。このルートは少し長くて17.5km。

1日目はここで終了、高崎駅近辺で宿泊。ネカフェなるものに初めて泊まってみるかな。

2日目は高風園前バス停から「石碑めぐりのみち」に。

上野(こうずけ)三碑として知られる石碑のうち、金井沢碑山ノ上碑をめぐる14.8kmのルート。

最後は残る多胡碑を経て県境の山地部に入り、牛伏山から小梨峠を越え、上鹿島バス停までの「小梨峠から牛伏山へのみち」

このルートは20kmもある。

最後が長く、しかも山地部で、そのうえバス停が終点というのは、時間管理を間違うと大変な目にあうのでイヤなのですが、まあ仕方がない。

2日間の合計で、だいたい75kmぐらい。

ということで、前回の旅から約2ヶ月後の2018年5月20日から21日にかけて旅しました。

 

色とりどりの道

電車を乗り継ぎ、10時25分に上州一ノ宮駅に到着。

木造の昔懐かしい駅舎です。

f:id:trailtravel:20190314233439j:plain

前回の旅では、女性の駅長さんがいたのですが、今日は見当たりませんでした。

 

駅からは1kmほど交通量の多い道を歩きます。

大きな鳥居が目に入ってきました。

f:id:trailtravel:20190314233530j:plain

どうやら貴前神社の入口らしい。

青空に鳥居の朱が映えます。

鳥居をくぐり、坂を登ると神社です。

神社はたいてい山や高台の上に社殿が置かれるのですが、ここは窪地の下にある珍しい造り。

f:id:trailtravel:20190314233635j:plain

急な石段を下った先に、建物が緑に囲まれて佇んでいます。

ちょっとお参りしてきました。

 

貴前神社を後にして、しばらくはのんびり集落を歩きます。

f:id:trailtravel:20190314233832j:plain

天気も良くて、気持ちがいい!

 

ご機嫌で歩いていると、突如こんなものを発見。

ハスの花の群生!

f:id:trailtravel:20190314234013j:plain

(´゚д゚`) うわー!

これはすごい!

特に珍しくもない普通の池だったけど、水面を埋め尽くす勢いでハスが咲き誇っていたのは見事でした。

 

道は次第に集落のはずれに。

草木が異様に繁った家があります。

f:id:trailtravel:20190314234112j:plain

山すそに飲み込まれそう。

 

この家が集落の境界。

ここから山に入っていきます。

少し歩くと、見晴らしの良い場所に。

f:id:trailtravel:20190314234204j:plain

いいですね。

若葉の緑と空の青が鮮やかです。

 

登り終わると、そこは開けた台地になっていました。

初夏の花が咲き誇っています。

f:id:trailtravel:20190314234306j:plain

どうですか、この色とりどりの世界!

幸せな里山歩きです。

 

山を越え長学寺へ

台地の上には畑が広がっていました。

土起こしも終わり、肥えた土の香りがします。

f:id:trailtravel:20190314234412j:plain

広いなぁ。

 

畑地を過ぎると、再び森に入ります。

f:id:trailtravel:20190314234526j:plain

「結婚の森」ってなんだろう?

森の中に結婚式場があるのかな。

 

まずはよく整備された道が続きます。

f:id:trailtravel:20190314234820j:plain

明るくて雰囲気のいい森。

 

しかし、徐々に裏山風の寂れた感じに。

f:id:trailtravel:20190314234949j:plain

轍がついているので、車が通るみたい。

 

金網沿いに進むと、開けた場所に出ました。

轍は真っ直ぐ先に伸びています。

そのまま進もうとしたところ、ふと左手に何か立っているのに気付きました。

f:id:trailtravel:20190314235114j:plain

あっ、ふれあいの道の道標だ!

f:id:trailtravel:20190314235304j:plain

真っすぐではなく、左の荒れた山道に入るようです。

 

気づいて良かった!

ということで、広場から山道へ。

f:id:trailtravel:20190314235428j:plain

道は下り基調です。

どんどん下っていこう。

 

すると、なにやら悩ましい地点に。

f:id:trailtravel:20190314235630j:plain

右か、左か?

道標がないので、少し考えます。

ふれあいの道は、基本的に僕の進む方向とは逆方向でルートが設定されている。

この分岐も、逆から来れば迷いようのない場所なので、特に道標を設置する必要がないのでしょう。

こういう場所は多いので、逆回りでふれあいの道を歩く人は注意してください。

 

全般的に判断し、左に行くことにしました。

するとどうでしょう。

樹木が生い茂り、道が塞がっているように。

f:id:trailtravel:20190314235757j:plain

しかし足元を見ると、しっかり道がついている。

このまま進んでみることにします。

 

しかし、その道跡も怪しくなってきた。

f:id:trailtravel:20190317235456j:plain

うーん。

やっぱり間違えたかな・・・ 

少し不安になりながら前進すると、しばらくして道は開け、木々の隙間から白いものが見えてきました。

f:id:trailtravel:20190314235834j:plain

長学寺のようです。

どうやら、道は正しかったみたい。

よかった、よかった。

静寂の寺

長学寺の山門に到着。

12時50分でした。

f:id:trailtravel:20190315000347j:plain

お腹も減ったし、喉も渇いた。

5月とはいえ、日差しは強く暑いです。

山門にはベンチも置いてあるし、涼しい風も吹いている。

f:id:trailtravel:20190317235840j:plain

ザックを下ろし、パンを取り出します。

それにしても、静か。

まるで寺には誰もいないかのよう。

なんだか仙境にいるような、不思議な感じ。

 

一休みして元気が回復したので、山門を下り先へと進みます。

f:id:trailtravel:20190315000720j:plain

長く急な石段を下ると、ちょっと変わった石像がありました。

赤ん坊にお乳をあげているお母さんでしょうか?

f:id:trailtravel:20190315000616j:plain

どうやら、子安観音というらしい。

しかしなぜ、観音さまがお乳をあげてるんでしょう。

f:id:trailtravel:20190315000812j:plain

敵に追われた妊婦さんが、ここで赤ちゃんを産み落としたのですが、追手に見つかり殺されたとのこと。

(´;Д;`) なんと悲しい…

しかし、どの土地でも、女性が主人公の伝説は、悲しい話が多いなぁ…

 

さて、寺から里へ下ると、市民桑園なるものを発見しました。

f:id:trailtravel:20190315000935j:plain

市民なら桑畑を借りることができるらしい。

絹の生産が盛んな富岡ならではですね。

 

街に出ました。

f:id:trailtravel:20190315001017j:plain

「歴史を尋ねるみち」11.5kmもそろそろ終わりです。

終点の中高尾バス停近くで、アイスを食べて一休み。

アイスの黄色も青空に映える!

f:id:trailtravel:20190315001132j:plain

時計は13時15分。

まるで夏のような暑さです。

 

さて、次回はこの続き、白衣観音から高崎で夜を迎えるまでの旅を書きますね。

次回の旅はコチラ⤵ 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ではまた。

(=´∀`)ノ バイバイ

よろしければポチリとお願いします⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

関東旅行ランキング

徒歩の旅ランキング











 

旅人は「一日の王」

 

f:id:trailtravel:20190303221539j:plain

(写真:北杜夫編『日本の名随筆 山』作品社、1983年、表紙)

みなさん、こんにちは。

Σ (´゚д゚`)

今回は「山の本、旅の本」シリーズです。

前回の「山の本、旅の本」はコチラ⤵

前回は、南極探検をアムンセンと争ったスコット隊の遭難を記録した『世界最悪の旅』のお話をしました。

5名の極点隊が全員死亡するという悲劇を扱った本なので、愉快に読むというわけにはいきません。特に、皆の足手まといにならないようにと、自ら死を選んだオーツという隊員の最後は、読んでいて強く心を打たれます。

今回紹介する『日本の名随筆 山』は、その名の通り山をテーマにした随筆集ですから『世界最悪の旅』とは違って気楽に読める。

ここに収められた30編の随筆は、どれも素晴らしいものですが、なかでもぼくの大好きな、尾崎喜八「一日の王」という作品を紹介しましょう。

 

一日の王

ほんの6ページの小品ですが、山を一人で旅するときに感じる、あの豊かな気持ちや、心地よい孤独感、人里に到着した時に覚える暖かさが見事に描かれている。

随筆というより、短編小説のように読めます。

作者は尾崎喜八、『山の絵本』などの著作があり、山の詩を多く書いた詩人です。

 

「背には嚢、手には杖、一日の王が出発する。・・・・・そして彼は今日の山路のすがすがしい美しさと、その明るい広がりとを思う」

f:id:trailtravel:20190305222911j:plain

 

この書き出しだけで、一人旅の高揚感や自由な気持ちが伝わってくる。

誰に従うわけでもなく、自分が歩きたい道を、自分で考えたように歩く。

確かにこの瞬間、旅する人は「一日の王」に違いありません。

この後、山を登る描写のあと、岩に腰かけて昼食をとる場面となります

 

「いま彼は単純な中食にとりかかる。

先ず鞣革(なめしがわ)に包んだ切子のコップを取り出して、小瓶に詰めた葡萄酒を注いでぐっと飲む。

旨い! もう一杯。

それからフロマージュ入りの棒パンをかじりながら水筒の水を飲む。」

 

どうですか、おいしそうな昼食の様子!

パンとチーズの、決して贅沢とは言えない食事ですが、山上で食べる食事のすばらしさが伝わってくると思いませんか。

まさに「王の食事」!

 

これはぼくの昼食。

f:id:trailtravel:20190305223804j:plainこれも「一日の王」の食事です。

 

そして彼は食事を終え、旅を続けます。 

「彼は午後の大半を、尾根から山頂へ、山頂からまた尾根へと、一日の太陽の鳥が大空をわたって、その西方の金と朱に飾られた巣のほうへ落ちていく頃まで歩いた。」

f:id:trailtravel:20190305225459j:plain

「尾根では、いつものとおり暖かでひっそりして、自分自身がおとなしい野山の鳥やけものや、(略)草や木とちっとも変った者でないことが感じられた」

 

このくだりもすごく共感を覚えます。

広大な山塊を独り占めする満足感と同時に、自分も山々の一部となって取り込まれていくような不思議な感覚。

独りで旅する人ならみな、きっと感じたことがあると思います。

 

やがて日は暮れ始め、彼は山を下ります。

f:id:trailtravel:20190306005851j:plain

「彼はようやく出逢った最初の部落を、(略)脇目もふらず通り過ぎるには忍びない。

老人に、若者に、娘に、彼は道をきくだろう。(略)彼らと二言三言口をきくために、彼は求めて道をたずねるだろう。

 

トレイルの旅の魅力の一つは、自然の中にいて感じる孤独と、里に降りたときの人の懐かしさが交互にやって来ること。

里に出た時の安心感が緊張をほぐし、人に対する愛情に変わります。

 

「そうして、たちまちにして、彼は初めて見たこの谷奥の寒村を、旧知の場所のように思ってしまうだろう」

 

 

そして、旅の終わりには今日歩いた道のりを思い返しながら、誰もがこう思うに違いありません。

f:id:trailtravel:20190307003953j:plain

「かくて、貧しい彼と言えども、値無き思い出の無数の宝に富まされながら、、また今日も、一日の王たることができたであろう」

 

この一文で「一日の王」は終わります。

ぼくは、この文以上に、旅することの喜びを語っているものはないと思います。

旅を終えた人、あるいは山から下りてくる人は、たいてい薄汚れ、疲れ切っているように見える。

旅をしなかった人には、なぜこんなことが楽しいのか不思議に思える。

でも、見えないかもしれないけど、彼は「無数の富」を持って帰ってきたのです

「一日の王」として。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた。

そのほかの「山の本、旅の本」の記事もどうぞ⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

関東旅行ランキング

徒歩の旅ランキング

 

 

 

もう遅いけどネコの日

f:id:trailtravel:20190301225055j:plain

みなさん、こんにちは。

(*´ω`*)ノ

もう3月になってしまいましたが、2月22日は「ネコの日」です。

(ニャーニャーニャーだから)

猫好きのぼくとしては、毎年ネコの日にはネコ関連の記事を書いていたのですが、今年は仕事もろもろで忙しく、この日を忘れてしまうという痛恨のミス。

過去のネコ記事はコチラ⤵




旅の途中でネコを見つけると、必ず写真に撮る!

が、しかし・・・

ネコは警戒心が強く、すばしっこいので、たいていロクな写真が撮れません。 

 

( `゚Д゚)  いたっ!f:id:trailtravel:20190301230951j:plain

目の前を横切って、悠然と歩いてる。

しかし「撮ったる!」という気配が伝わるのか、突然走り出して繁みに入ってしまう。

f:id:trailtravel:20190301231552j:plain

うわー、めっちゃ警戒してる・・・

 

こうなると、もうダメですね。

絶対に心を開いてくれません。

ネコの写真って難しいなぁ。

岩合さんはスゴイや。

 

その一方で、「キミ大丈夫か?」と心配になるくらい無防備なヤツもいる。

(*´ω`) いたぞっ!

f:id:trailtravel:20190301232336j:plain

もうこの段階で「撮ったる!」オーラが全開なのですが、動く気配がない。

それどころか、アクビをしてる。

f:id:trailtravel:20190301232625j:plain

この後、小移動しましたが、やはり眠そうです。

f:id:trailtravel:20190301232817j:plain

しかし、不細工やねキミ。

生まれつき、困った系の顔なんでしょうか・・・

おそらく飼いネコなんでしょうが、もう少し知らない人には警戒した方がいいかもよ。

まあ、足を畳んでいないので、無防備ではないということかな。

 

あの前足をたたむと、いわゆる「香箱すわり」というやつですね。

ぼくはあの座り方が大好き。

 

おっ! 香箱すわり発見!

Σ(゚Д゚)

と、思ったら・・・

f:id:trailtravel:20190301233811j:plain

ハトでした・・・

 

ざんねん・・・

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた。

( ^ ω ^ )ノ バイバイ

よろしければポチリとお願いします⤵

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村

関東ランキング

徒歩の旅ランキング